【謎な怖い話】視界が赤く見えた日

小学生のころの話

季節は覚えてないが夕方、

風景が赤みがかっていた記憶がある

 

近所に墓場があって、

その脇の道を自転車で通りかかったんよ

 

そしたら墓が所々光ってたんだ

なんか発光ダイオードを墓場全体に巻きつけた感じ

光の色は緑が大多数、残りは赤だった。

 

最初はなんか光ってる程度の認識だったけど

何が光ってるんだ?

夕日が眩しい中でなぜあんなはっきり光が見えるんだ?

なんて考え始めて

何となく見なかった事にした。

 

後日、TVで霊能者が色付きオーブの心霊写真見て

「緑は穏やかな霊の色、赤は怒っている色」

とか言ってて、

どうやら見たらアカン奴だったと思い当たった

まぁその後何もなかったけど地味に怖かった体験

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)