【意味がわかると怖い話】先輩からの奇妙な電話

私は、携帯が鳴ると心がつまる。

それは以前の話、

夜中にケータイの鳴る音が聞こえた。

 

こんな時間に電話か?と思い、

携帯を覗いた。

どうやら先輩の携帯からのようだ。

電話にでると、

先輩は慌てた声で

『俺のケータイどこにあるか知らない?』

と聞いてきた。

 

ハァ、バカかと・・・

眠かった私は、

「はいはい、先輩が持ってますよ・・・」

といって、

電源を切ってまた寝た。

 

朝、目が覚めてから、

昨夜の先輩の電話、

事の重大さに気づいた私は、

急いで起き上がり、

リダイヤルしたのだが

間に合わなかった・・・

先輩は帰らぬ人となりました。

・・・ごめんなさい、

10年も経った未だに

ショックから立ち直れません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)