【意味がわかると怖い話】ストーカー

今から15年くらい前かなぁ。

女のスートカーに一年くらいつきまとわれたことがある。

 

最初は無言電話だったのだが、

だんだんとエスカレートしてきた。

 

コンビニで買い物している時、

棚をはさんで真正面から睨み付けている
女の顔を間近に見てしまったこともあった。

 
自宅のはす向かいの中華料理屋で飯を食っていた時、

ふと視線を感じて入り口に目をやった。

 

暖簾とドアの間で、

俺のことをジーッと見つめていた。

 
上が透明になっている磨りガラスで、

目だけで笑っているのが分かった。

 

マジで心臓が凍り付いた。

 
俺と目が合ったのを確認すると、

サッと姿を消した。

 
外を歩くのも怖くなって、

ビクビクしながら歩く日が続いた。

俺はそのころ自宅のすぐ近くにアパートを借りていた。

ある日曜日、ドアをノックされたので出てみると、

その女がたっていた。

怒鳴ると逃げていった。

 

その日の夜、電話がかかってきた。

あの女だった。
「私の後をつけ回すのはいい加減にして下さいよ。

あなたがすべて後ろで糸を引いている黒幕だというのは

私が一番知っているんだからね。警察に言いますよ。」
もう自棄だった。

「てめえ、今度俺につきまとったら、マジでぶち殺すぞ!!」

その日を境に、俺の回りから女の気配が無くなった。

被害妄想に囚われているということは後で知った。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)