【都市伝説】死刑執行スイッチ

最近ちょっとしたいたずらサイトが流行っているそうだ。

ネットをあれこれ見ているときに、

見慣れないリンクがあるのに気がつく。

 

何気にそのリンクに跳ぶと、

薄暗いコンクリートの部屋の真ん中に、

あたまからすっぽりと袋を被され、

椅子に太いベルトで縛られている男性(時には女性も)が映し出される。

その人物はその拘束から逃れようと必死にもがいている。

 

ただ音声は無いので向こうの声は聞こえない。

その映像の下には「彼は犯罪者です。死刑にしますか?」とあり、

「死刑」と書かれたスイッチがある。

 

興味本位でクリックすると、

「本当に死刑にしますか?」と確認が出る。

そこでYESをクリックすると、

先ほどの椅子に縛られた人物がビクビクっとして

動かなくなりそこで映像が終了するというものだ。

 

再びそのリンクに行こうとしてもエラーになり入れない。

何かの広告というわけでもなさそうだ。

押した本人は「ひょっとすると本物だったのでは?」と考えるようになり、

ものすごい自己嫌悪に陥ってしまうらしい。

 

誰が何の目的でそのようなサイトを作っているかはわからない。

だが、もしかすると本当に、

死刑執行のスイッチを押してしまっているのかもしれない。

 

詳しい情報を知っている方がいたら、

是非ご一報を頂きたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)