【都市伝説】服部半蔵の正体

皆さんは服部半蔵の正体をご存じでしょうか?

この話をする前に何故徳川家康が天下をとれたか?

そこから考えていきましょう。

 

天下を取るという人は 世界で一番最初に何かを成し遂げた人なのです。

織田信長は銃を一番最初に取り入れましたよね。

 

そして徳川家康は、

一番最初に特殊部隊…

そう忍者部隊を作った人物なのです。

その忍者部隊の長こそが服部半蔵なのです。

服部半蔵は徳川から天下を取った褒美として、

今も東京にある半蔵門という地名をもらったそうです。

しかし服部半蔵はもう一つお願いとして

全国を旅させてほしいとお願いしたそうです。

 

その時に使った偽名が『松尾芭蕉』なのです。
だから松尾芭蕉は今も言われていますが、

あの年で、

そしてあの早さで日本を回るのは不可能といわれています。

『奥の細道』の旅の総移動距離は2,400kmで、

総日程が約150日。

1日の平均移動距離は15kmですよね。

 

しかも150日毎日移動してたわけではなく、

移動しなかった分を取り戻すかのように、

一日で50㎞以上も 移動している日があるのです。

では何故、松尾芭蕉もとい服部半蔵は日本中を旅したのか?

俳句を作り『奥の細道』を作るため?

表向きはそうですよね。

でも違うんです。

あの人が日本中に広めたのは俳句ではなく、

あの童謡『かごめの歌』なのです。

 

全国で埋蔵金のありかをうたっていたといわれているのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)