【都市伝説】アニメ『美少女戦士セーラームーン』のラスト

社会現象となった少女漫画『美少女戦士セーラームーン』。

アニメ化されたことにより、

その知名度は瞬く間にあがりました。

 

またこの作品は、

「可愛い女の子たちがヒロインとなりが悪者と戦う」

というジャンルのはしりでもあります。

 

アニメシリーズの第一作目のラストはもともと、

主人公のセーラームーンこと月野うさぎ以外の

4人のセーラー戦士が敵に殺されてしまい、

その4人のパワーをうさぎが授かることによって、

最後に敵を倒すことができるというストーリーだったようです。

 

しかし、当時の

『美少女戦士セーラームーン』の主な視聴者は小学生。

 

その衝撃のラストで、

「セーラー戦士がみんな死んじゃうなんて…」

とショックを受けてしまう子が多発してしまい、

クレームが相次いだそうです。

中には不登校になってしまったりする子もいたんだとか。

 

それを受けた制作スタッフが、

急きょ「4人は生きていました」という

不自然な後付けのストーリーを放送したようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)