【都市伝説】芥川龍之介にはドッペルゲンガーが見えていた。

芥川は、ドッペルゲンガー(もう1人の自分)を

見ていたらしい。

 

雑誌の対談などでも、

それについての話を何度もしている。

芥川は、未発表で未完の小説を書いていた。

タイトルは、

『人を殺したかしら』

 

青年が人を殺す夢を見る。

だが、その事件は翌朝になると実際に起こっている。

 

しかも夢で殺した被害者と、

実際の殺人事件の被害者はとても良く似ている。

しかも事件は、

全て自分の近辺で起こっている。

 

青年は

「もしかしたら、本当に自分が殺しているのかも」と、

悩み苦しむようになる。

 

そしてそれは

「もう1人の自分がいるのかも・・」

という悩みへ変わっていく。

まるで、ドッペルゲンガーに悩む自分を題材にしたような小説。

 

芥川の死の前日の夜、

連載していた小説の原稿を取りに、

編集者が芥川家を訪れた。

 

まだ出来あがっていないため、

編集者は、芥川の後ろに座って待っていた。

 

そして彼は机の上に置いてある、

書きかけの小説を見つける。

『人を殺したかしら』である。

「新作ですか?ちょっと拝見してもよろしいですか?」

彼が原稿に手を伸ばそうとした時、

「それに触るな!!それは失敗作だ!!」

と芥川はなぜか突然叫びながら

その原稿を取り上げ、

赤ペンで自分の名前をグチャグチャに塗りつぶし、

本文に大きな×印を殴り書きし、

原稿の全てをビリビリに破いて廊下に捨ててしまったという。

 

芥川のあまりの気迫に驚いた編集者は、

その日は帰る事にした。
翌日の朝、再び編集者が芥川家を訪ねると、

多量の睡眠薬を飲み布団の上で死んでいる芥川がいた。
そして、芥川が狂ったように赤ペンで塗りつぶし、

破り捨てたはずの

『人を殺したかしら』の原稿が、

なぜか完全な形で机上にキチンと置かれてあったという。

ちなみに未定稿「人を殺したかしら?」は

「芥川龍之介未定稿集」(葛巻義敏編・岩波書店刊)に収録されてます。

 

ちなみに発表されたものは(ほぼ未定稿戸いっしょ)

「夢」という

題で各種全集などで読めます。

 

彼の実母は精神病でなくなっており、

それが遺伝したのか否か彼は随分悩んでいましたね。

 

彼は、銃殺などしませんよ。

手が震えて打ち損ねる可能性を危惧したんです。

様々な自殺方法を考えた結果、

睡眠薬に落ち着いたんですよ。

 

『或る旧友に送る手記』に

その経過が一通り書いてあります。
夜、いつも通り薬を飲み(実際には死ぬために)、

妻の横で就寝したんですよ。

朝起きたら夫は既に冷たくなっていた・・

 

しかし苦しんだようで、

口をぽっかり開けたまま・・

どうやっても閉じなかったんです。

今月24日が命日・河童忌です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)