【都市伝説】「とある科学の超電磁砲」の法則

「とある科学の超電磁砲」の怖い法則

2010年放送の、

とある科学の超電磁砲一期

液状化現象の描写、

無計画停電の描写や、

東日本大震災巨大津波のような茶色い怪物が、

原発を襲う描写あり

一期二番目のOPに、

絆という歌詞あり。

 

2013年5月ごろから放送されていた、

とある科学の超電磁砲S

(前半は、クローン超能力者集団でのテレパシーネットワークを題材にした)

 

 

<シスターズ編>

 

この放送開始直後、

中国・北京市内で、女性の悲鳴や泣き声、

助けを求める声の無数の怪電話が、

多数の民家にかかってくる。

 

中国公安が捜査しても、

発信者不明という怪事態が起きる。

(ロシアの国営通信が報じた)

ヒロインの御坂美琴が、

通信回路からハッキング、

研究所をあいついで爆破する描写がある回が放送される直前、

日本国 東海村原子力機構研究所で、

レーザー照射装置が規定の400倍の出力で照射され暴発、

研究者多数が被ばくする。
ビームBBA「メルトダウナー」が、

ちょこちょこ出てきたら、

福島第一原発周辺で、

高濃度放射能汚染水が、

穴が飽いたように溢れ出す、

おまけに、2ch運営のミスで、

2chの有料サービス●の個人情報が大規模漏洩、底が抜けたw

 

戦闘シーンで竜巻が起きる、

アクセラレーターvsイマジンブレーカー戦放送後に、

関東地方南部で竜巻発生描写

(学園都市があるのは、関東地方という設定)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)