【都市伝説】熊という存在

蝦夷地開拓時代、

本土の開拓民集落がいくつかできたそうだ

その一つ、確か道央の方の話

 

明治時代、政府の政策にて

多数の有志が北海道の開拓のため入地した

 
開拓前の未開の地は開拓を拒む鬱蒼とした森林地帯、

しかしそこに果敢に挑んだ人間は、

食料も、医者も、なにもかも不足しているなか、

少しずつだが畑や家、道を造った

 

その課程で開拓民はあるものに悩まされた、熊だ

道央の深地はアイヌすら立ち入らない地帯、

熊は人間を驚異とはまだみなしてはいない、

しかし人を襲うということはなかった、

はじめの頃は

ある年の秋、夏に異常な冷夏になり、

作物に甚大な被害がでた、

山の植物に深刻な影響がでたらしい

その秋は鮭の遡上も少なく、

開拓民も食料の確保にかなり困っていた

それは、熊も同じだった

ある日の夜、おばあさんが外の物音に気づき、

鹿か何かが外に干していた大根を

食いにきたのかと思い外に出た

ボキ!バタバタ!!という何かが折れる音と

大根がたくさん落ちる音

おばあさんがおびえながら裏に回る

その日を境におばあさんは突然いなくなってしまった

 

それ以来、月に2~3人度の程度で人が居なくなった

居なく人は老人、女、子供であった

夜、トイレに行ったものがいなくなり、

朝気づくと家族が一人いなくなり、

ドアが開けっ放しになっている

 

もちろん居なくなる度に

大勢でそこらじゅうを探し回ったが見つからない、

ひとの足跡すらないのだ

神隠しや人柱、

いろんな噂が立ったが確証は何一つなかった

冬になり雪がしんしんと降り積もる中、

また、一人子供が消えた、

しかし、今回は痕跡が残っていた、

雪に引きずられた後が残っていた

その後は山に向かっていた

人々はその後を追い深山に分け行った、

一つ山を越えた岩屋に後が続いていた、

そこには骨が落ちていた、

乾いた骨、乾いた骨、

何かの動物の骨かと思っていたしかし、

その奥の生乾き骨には黒い毛の固まりと皮と肉片が付いていた

村へ急ぎ立ち返り、

状況を説明した、

事を政府の役人に告げるため早馬がでた、

事態を聞いた役人は狩人をよこした、

それにより住人は初めて熊の存在を知った

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)